小さな Titanium Mobile の読み物

The Little Book on Titanium (Appcelerator Titanium)

JavaScript を使って iOS/Android などマルチプラットフォーム対応のネイティブアプリケーションを構築することができる Appcelerator Titanium についてまとめた非公式サイトです。

ページ1 | はじめに

  1. Appcelerator Titanium
  2. Write Once, Adapt Anywhere
  3. 使えるの?
  4. 苦手なものは何?

ページ2 | 開発ツール

  1. Titanium Studio
  2. Titanium CLI

ページ3 | 開発スタイル

  1. JavaScript
  2. Titanium Classic
  3. Alloy

ページ4 | アプリケーションの例

  1. プロジェクトを作る
  2. レイアウトを考える
  3. 土台を作る
  4. 細かい機能を実装していく
  5. 終わりに

ページ5 | Titanium を拡張する

  1. モジュール
  2. Titanium Cloud Services
  3. altJS

開発ツール

Titanium Studio

Titanium を用いてアプリケーションを開発する方法は Appcelerator から提供されている Titanium Studio を使う方法が最も簡単です。 Titanium Studio は Eclipse ベースの統合開発環境です。プロジェクト管理からコード補完を使った編集、シミュレータ・エミュレータを使った動作確認、デバッガ、実機転送まで一通りの機能が揃っています。

Titanium Studio

Titanium CLI

Titanium CLI はコマンドラインから使う Titanium アプリケーション開発用のツールです。 Titanium Studio を宗教上の理由で使えない場合、好みのテキストエディタと Titanium CLI を組み合わせることで Titanium Studio を使わなくても開発できます。

Titanium CLI は Node.js を基盤として開発されています。 Node.js が動作する環境とパッケージマネージャである npm が動作する環境が必要です。以下のように npm を使ってインストールします。

[sudo] npm -g install titanium

Titanium CLI でもプロジェクトの作成やシミュレータ・エミュレータを使った動作確認、実機転送などの機能を使うことができます。

なお、 Titanium CLI は Titanium Studio も内部で利用するため、 Titanium Studio インストール後の初回起動時にインストールウィザードが起動します。必要に応じて、そちらからインストールしても良いでしょう。